PS4がネットワーク(インターネット・PSN)につながらない

『PS4がネットワーク(インターネット・PSN)につながらない』
  ネットワークに繋がらないだけでは様々な原因があり解りづらいため、
  インターネットとPSN、アプリケーションの3つに分けてまとめる。
  無線LANルータ利用を前提し、問題確認にPCやスマホ・タブレットを利用する。
  おすすめの環境などについては『PS4のネットワーク環境について』に記載。
  基本的に[設定]-[ネットワーク]-[インターネット接続を診断する]や
  プリインストールのブラウザを利用して、ネットワークの状況を確認する。

インターネット接続を診断する
IPアドレス取得IPアドレスを取得できたかどうか
インターネット接続インターネットに接続できたかどうか
PSNサインインPSNにサインインできたかどうか
NATタイプPS4からインターネットにどのように接続しているかゲームの通信機能を
利用するときなどに、他のPS4との接続性の目安になります。
 タイプ1:インターネットに直接接続しています。
 タイプ2:インターネットにルーターを経由して接続しています。
 タイプ3:インターネットにルーターを経由して接続しています。
  タイプ3では、他のPS4と通信できず、PS4のネットワーク機能が
  制限される場合があります。
  詳しくは「PSNに接続できないときは」をご覧ください。
通信速度
(ダウンロード)
* インターネット上の情報をPS4で見ているときの通信速度
通信速度
(アップロード)
* PS4™からインターネットにデータを送るときの通信速度
* 通信速度の結果は予測値です。

---------- インターネット ----------
■対処方法1
 ●有線
  IPアドレスが取得できない場合、物理的接続に問題無いか確認する。
  PS4及び接続機器のコネクタに異常(ピン折れや異物)が無いか確認し、
  断線していない正常なLANケーブル(CAT 5e以上)を利用する。
  接続相手にリンクランプなどがある場合は正常点灯しているか確認する。
  利用しているLANケーブルの近くにノイズ源となる機器が無いか確認する。
  LANケーブルの固定用ツメが折れている場合は交換をする。
 ●無線
  IPアドレスが取得できない場合、電波強度的に問題無いか確認する。
  無線LANルータとPS4の間の距離を短くして安定的に電波が届くようにして、
  電波の問題のか確認する。
  電波問題の場合は、無線LANルータ及びPS4の設置場所を見直し、
  無線LANルータ及びPS4の前後左右上下10cm程空間を開けた状態に出来ているか、
  金属製の棚などに設置や付近にノイズ源となる家電(冷暖房器具、電子レンジ、
  TV(ブラウン管・薄型含む)、コードレス電話機、集塵機)などが無いか確認する。
  ※無線LANルータの設置注意事項は取扱説明書に記載が無いか確認する。
  無線LANルータや中継機器・アクセスポイントなどの利用機器の動作が
  不安定な場合もあるため、再起動して安定動作状態で確認する。

■対処方法2
 ●有線
  IPアドレスが取得できない場合、DHCPや固定設定などIPアドレス関連の設定に
  問題無いか確認する。
  同一ネットワーク内で他の機器とIPアドレスが重複していないか確認する。
  2重ルータなどでDHCPサーバーが重複可動していないか確認し、単一にする。
  ルータに接続している機器が30台を超える場合は、DHCPサーバーの
  最大割り当て数を超えていないか確認し、接続台数を減らす。
  固定IPに設定した場合はIPアドレス・サブネットマスク・デフォルトゲートウェイ・
  プライマリーDNS・セカンダリーDNSの各設定値に問題無いか見直しをする。
 ●無線
  IPアドレスが取得できない場合、無線LANルータの設定に間違いが無いか確認する。
  電波出力が設定を最大に設定する。SSIDをステルス化する機能をオフに設定する。
  MACアドレスフィルタやペアレンタルコントロールなどアクセス制限機能で
  制限対象になっていないか確認する。
  2.4GHz帯はオートチャンネルを利用せずに、PC(Win)やAndroidのスマホ・
  タブレットで電波強度計測アプリを利用して、混雑していないchを固定利用する。
  上記の対処方法2の有線に記載した各内容も同様に確認する。

  ・WiFiAnalyzer
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.farproc.wifi.analyzer&hl=ja
  ・inSSIDer(Windows)
  http://www.inssider.com/inssider4/
  ・MAC OS X(10.10) はワイヤレス診断のスキャンで確認できる。
  ・iOSには基本的に電波強度を計測できるアプリは無い。

■対処方法3
  プロバイダ及び回線事業者でメンテナンス・障害が発生していないか、
  即時掲載はされないため、最低30分間隔で2回ほど確認する。
  PS4と接続しているネットワーク機器全て(ルータ・HUB・ONU・モデム .etc)の
  電源を一度切ってから再起動して安定状態での動作を確認する。
  電源ボタンが無い機器の電源を切る場合は、機器とACアダプタの接続を
  切るでのはなくコンセントからACアダプタを抜く事で急激な電圧変化による
  故障を少なくすることが出来る。
  ルータ利用の場合は他の機器での接続状況を確認して問題部分を切り分け、
  PS4以外の機器が接続できる場合は対処方法1・2及び設定を再確認する。
  PPPoE接続の場合はプロバイダのID及びパスワードに間違いが無いか確認し、
  DNSは基本自動設定としプロバイダ提供のDNSサーバーを利用する。
  PPPoE接続を利用せずに、直接PS4でグローバルIP固定で利用している場合は、
  DNSサーバの設定やルータを利用した接続状態などを確認する。
  物理的に接続に問題が無く、メンテナンス・障害情報もない場合は、
  モデムやONU、回線事業者提供の接続機器で外部とのリンクランプを確認し、
  問題がある場合はプロバイダもしくは回線事業者のサポートに連絡する。
  リンクランプ等に問題が無い場合はルータを返さずPS4で直接接続して、
  動作確認を行い正常ならばルータのメーカーのサポートに連絡する。
  それでも、接続できない場合はプロバイダのサポートに連絡する。

■対処方法4
  モバイル回線を利用している場合は、グローバルIPアドレスを取得利用
  出来ているか確認する。
  また、そのグローバルIPアドレスが通信の度に変わっていないか確認する。
  モバイル回線側の電波状況や基地局の境目などによる切替などので
  不安定な動作になっていないか確認する。
  利用モバイル回線にオプションサービスでグローバルIPアドレスを利用できる
  サービスがある場合は必ず加入して利用する。
  プライベートアドレスの取得利用やグローバルIPアドレスが度々変わる場合は
  NAT動作や安定して通信が行えないため、正常に利用する事ができない。

---------- PSN(国内のみ) ----------
■対処方法1
  PSNにサインインできない場合は、PSN及びプロバイダ、回線事業者で
  障害・メンテナンス情報が掲載さていなか確認する。
  即時掲載される訳ではないため、最低30分間隔で2回確認する。
  また、外部サービスのDowndetectorやTwitterやFacebookなどで
  障害に関する情報を確認しその規模を確認する。
  全体的なのか・プロバイダ毎なのか・自分だけなのか、
  情報量によって繋がらない範囲を確認する。
  数百と多い場合は全体と判断し、障害対応されるまで待つ。
  また、PS4のシステムソフトアップデート配布開始時は時間経過で解消される。
  数十とあまり無い場合はプロバイダ規模程度の範囲として対処方法2を確認する。
  数件とほぼ情報が無い場合は自分だけと判断して対処方法3を確認する。

  ・PSN 障害・メンテナンス情報
  http://www.jp.playstation.com/psn/state2.html
  ・Downdetector PSN
  https://downdetector.jp/shougai/playstation-network
  ・Yahoo!のリアルタイム検索(TwitterやFacebook)
  http://search.yahoo.co.jp/realtime

■対処方法2
  数十件程度でプロバイダ規模程度で接続できない情報がある場合は、
  DNSによる通信経路の障害の可能性があるので、ルータやPS4で利用する
  DNSをプロバイダの物から安全な公開DNSサーバーを利用して確認する。
  安全性や速度など、サポート面などから基本的にプロバイダのDNSを
  利用する事が望ましいので、DNS変更でPSNに接続でき改善した場合は
  プロバイダのサポートに問い合わせし改善要望を出す。
  ※PSN・プロバイダの管轄外のDNSで障害が起きている場合や
   DNSの仕組み上即座に改善される物では無い。
  ※DNSによってはPSNと相性が悪く接続できない物もあるり、
   変更することでPSNとの接続がより不安定になる可能性もある。

  ・Norton ConnectSafe(セーフティ)
  日本語サイト/英語サイト
  198.153.192.40/199.85.126.10
  198.153.194.40/199.85.127.10
  ・OpenDNS
  英語サイト
  208.67.222.222
  208.67.220.220

■対処方法3
  数件程度の情報しかなく、極々小規模な範囲の場合は何かしらの理由で、
  PSNにグローバルIPアドレスをブロックされてしまった可能性が考えられる。
  プロバイダとの接続を一度切り、別のグローバルIPアドレスに変更して
  再接続できるか確認する。
  グローバルIPアドレス変更しても接続できない場合は対処方法2の
  DNS設定を変更してみて確認する。
  IPアドレスをブロックされる理由としてはボットネットとなってしまたり、
  ルータの脆弱性などでDDoS攻撃に加担してしまってブラックリストに
  載って対策された事が考えられるのでセキュリティーチェックを行う。
  PCやスマホ・タブレットはアンチウィルスソフトでウィルススキャンを行い駆除し、
  OSを含む全てのソフトを最新状態にして既知の脆弱性を無くして利用する。
  PS4内蔵ブラウザでオープンリゾルバやUPnPの脆弱性やオープンポートなど
  確認し対策する。
  セキュリティのアップデートが終了している製品は利用しないようにする。

  ・オープンリゾルバ確認サイト
  JPCERT/CC オープンリゾルバ確認サイト
  http://www.openresolver.jp/
  ・UPnPの脆弱性
  チェックサイト消滅のためURL削除
  ・ポートスキャン
  Shields UP!!
  https://www.grc.com/x/ne.dll?bh0bkyd2

■対処方法4
  最初からPSNに接続できなかった場合は、PS4に対してPSNに必要な
  ポート開放が出来ているか確認する。
  「インターネット接続を診断する」でNATタイプは1・2と判断されない限り
  通信に制限あり、ゲームなどで利用出来ない機能などが出てきてしまう。
  ポート開放する機能名及び設定方法はルータの取扱説明書を確認する。

  ・PSN利用に必要なポート
  TCP:80、443、3478、3479、3480、5223、8080
  UDP:3478、3479、3658
  https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/924/
  ・PS4のリモートプレイに必要なポート
  TCP:9295、UDP:9296、9297
  (TCP/UDP:9295~9304)
  https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/13250/

  ・「インターネット接続を診断する」のNATタイプの意味
   NATタイプ1はポート開放が正常に行われて通信できている状態。
   NATタイプ2はUPnP機能でポート開放ができて通信できている状態。
   NATタイプ3はポート開放は出来ずに、ルータのうち側からの
   送信開始のみで通信ができる状態。

  PS4でPPPoE接続している場合はポート開放の必要はないが、
  グローバルIPアドレスを割り当てしないプロバイダでは個人で
  ポート開放する事が出来ないため必然的にNATタイプ3の動作になる。

  また、プロバイダや回線事業者からのレンタルのルータと
  個人の無線LANルータなどの構成で2つ以上ルータがある場合は
  ルータ機能を1つにし、それ以外の機器をルータ機能を利用しない
  ブリッジ動作となるように設定されていないと、多段NAT状態となり
  正常な通信が出来なくなり、NATタイプの判別でエラーになる。
  もし、PSNと接続できてもNATタイプ3の動作になってしまう。

  PS4やPS3・VITA(TV)など複数の機器で同時にPSNを利用するには
  UPnP機能によるポート開放が必須だが古いルータ(2014年以前)は
  正常に動作できない製品もある。
  UPnP機能を利用する場合は、対処方法3に記載してるUPnP機能の
  脆弱性を確認し問題がある場合は新製品と交換が必要となる。

■対処方法5
  IPアドレス・インターネット・PSN全て基本的には繋がるが、たまに
  接続できなくなったり速度が遅いなど不安定な状態が続いてる場合には
  MTUの設定を変更して改善できるか確認する。
  MTU変更後の「インターネット接続を診断する」で結果診断後に、
  画面下部に下記の案内メッセージが表示される可能性がある。
  ・案内メッセージ
  「お使いのルーターはIPフラグメントパケットに対応していない可能性があり、
  PS4の一部のネットワーク機能が制限されます。
  詳しくはルーターメーカーにお問い合わせ下さい。」
  ※IPフラグメントパケットの説明はややこしく省くが、下記のサイトで確認した
   MTUのサイズよりさらに小さくしていくことでパケットが分割されなくなるため、
   回避する事が出来る。ただし、速度が出なくなってしまう。
   また、一部のルータは設定でIPフラグメントの動作が変わる物が存在する。

  ルータなどを利用した場合はMTU設定は基本自動で利用するのが良い。
  稀に自動が正常に動作せず手動で適切の値を設定しないといけない場合がある。
  外部サイトでMTUをチェックするか、PCなどでpingコマンドを利用して最適な
  MTU値を確認して、それを設定した上で速度計測などを行い調整する。
  不適切な値を設定した場合は正常に通信できない場合や速度低下となる。
  ※MTUの調べかたなど詳細はインターネット検索で調べる。

  ・MTU確認サイト
  SG TCP/IP Analyzer(英語)
  http://www.speedguide.net/analyzer.php

■対処方法6
  システムソフトウェアの提供開始日にアップデート通知が届いたが、
  PSNにアクセス出来ずにダウンロードやアップデート実行できない場合や
  PSNを利用するアプリケーションが正常に利用出来ない場合は、
  PSNに対してアップデートによる大量アクセスによる回線負荷が落ち着くまで
  待つしか無く、1日程度経てば負荷も落ち着き正常に利用する事ができる。
  DL版のゲーム起動などにPSN認証関しては、「いつも使うPS4として登録する」で
  登録しておく事で認証頻度を落とすことが出来起動させる事ができる。

  PSN接続や一部のソフトウェアが最新のシステムソフトウェアでのみ利用できる、
  仕様のため回線負荷が高まってしまう現象のため基本的に回避できない。
  PS4本体への通知とタイムラグがあるため即利用できるとは限らないが、
  公式のPlayStation4 システムソフトウェア アップデート サイトから、
  システムソフトウェアダウンロードして、USBストレージを利用する方法もある。
  ※PS4がダウンロードするURLとPCでダウンロードするURLは同一なので、
   どちらがダウンロードが速いとかは基本的に無い。

  ・PlayStation4システムソフトウェア アップデート
  http://www.jp.playstation.com/ps4/update/index.html

■対処方法7
  PS Plusのセーブデータお預かりの自動アップロードが失敗の場合、
  出来なかった時間帯に、プロバイダ・回線事業者・PSNでメンテナンス・
  障害が無かったか掲載情報を確認する。
  利用当初からアップロードできない場合はや手動でもアップロードが
  出来ない場合はPSNに必要なポート開放が出来ているか、上記の
  対処方法4を参考に確認する。
  自動アップロードは、[設定]-[システム]-[自動ダウンロード/アップロード]で
  [セーブデータとアップデートファイル]にチェックが入り有効か確認する。
  またスタンバイ時は[設定]-[省電力設定]-[スタンバイモード中の機能を設定する]で
  [インターネットに接続したままにする]を有効にしておく必要がある。
  また、ルータなどのecoモードなどの省電力にする機能や時間制限などが
  有効になっている場合は無効に設定して確認する。
  一定の時期からアップロードが失敗する場合は、履歴過多による本体内部の
  処理が原因となっている可能性を考慮して、トップ画面の[おしらせ]から
  [ダウンロード]と[アップロード]内にある履歴全てをオプションキーから削除する。
  設定変更後はネットワーク障害などを考慮して、2・3日程度動作確認する。
  ※自動アップロードは本体内とサーバー上のセーブデータに差分が無いと、
   アップロードされないため、確認時は故意に差分を作る必要がある。

---------- アプリケーション(ゲームなど) ----------
■対処方法1
  特定のアプリケーション(ゲーム含む)だけネットワークを使った機能が
  正常に動作しない場合は、そのアプリケーションで別途ポート開放が
  必要か取扱説明書や公式サイト、メーカーサポート情報を確認し、
  必要であればポート開放を行い動作できるか確認する。
  また、デベロッパーのサーバーを返した接続がある場合や、
  PSNアカウントと連携してユーザー認証を行っている場合は、
  各サーバーに障害やメンテナンスが無いか確認する。

  例:PS4で別途ポート開放が必要なゲーム
  ・Battlefield4
  TCP:80、443、1935、3478~3480
  UDP:3478~3479
  ・Call of Duty: Ghosts
  TCP:80、443、1935、3480
  TCP/UDP:3478~3479、3074、3075

■対処方法2
  PS StoreのゲームPVやビデオなど動画がカクカクで再生できない場合は、
  再生するのに必要な通信速度が足りていない場合が多い。
  ※ココではPS StoreとPS4の間の回線速度を指しており、
   下記の速度計測サイトやPS4内の速度計測はあくまで目安です。
  PS4はPS3などのように動画を全てバッファリングしてからの再生は出来ず、
  常にストリーミング再生のみとなっている。
  ※一部分のみバッファリングあり。
  容量と再生時間が解れば簡易だが動画のビットレート判明して、
  そのデータを安定再生の目安として1.5~2倍程度の速度が必要となる。

  ・ビットレート計算式
  (容量(byte)×8)÷時間(秒)=必要ビットレート(bps)
  ※K・Mなど単位変換は1024毎に注意

  経験上、ビデオのHD版はダウンロードが10Mbps以上あれば再生でき、
  PVは14Mbpsでもカクツキが発生する場合がある。
  速度改善については、速い回線を利用した上で混雑していないプロバイダを
  利用してボトルネックにならない機器(ルータ)を利用するしかない。
  ビデオ視聴だけを考えればビットレートの低いSD版を利用するという方法がある。

  例:ビットレート計算結果
  ・機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル 63分
   HD版 約6.4Mbps 容量2.9GB(購入時に確認)
   SD版 約1.7Mbps 容量762MB
  ・攻殻機動隊 ARISE border:4 Ghost Stands Alone
   HD版 約7Mbps 容量2.9GB程度(詳細不明)
   SD版 約1.8Mbps 容量742MB

  ・PS4のブラウザで速度計測可能なサイト
  BNRスピードテスト 画像読み込み版
  http://www.musen-lan.com/speed/speed-img.html

■対処方法3
  torneが利用できず無線LAN経由でアクセスしている場合は、無線LANルータの
  設定で無線LANと有線LANの通信を拒否するセパレート機能や、無線LAN同士の
  通信を拒否するプライベート機能が有効になっていないか確認する。
  これらの機能はセキュリティ向上のためのもので、無線LANをパスワード無しで
  公開してしまっている場合に外部から無断にアクセスさせないようにして
  被害などを最小限にするための機能となる。
  セパレート機能やプライベート機能などをオフにする前に必ず、セキュリティに
  問題無いか確認した上で実施する。

  torneが接続できない場合は、対象の機器に対してPS4以外のPCやスマホ・
  タブレットも接続できないのか確認する。
  全ての機器が接続できない場合は対象機器の設定を確認する。
  PS4だけ接続できず、nasne以外の機器の場合は、「レコ × トルネ」機能対応
  機種なのか確認し、「STORE トルネヤ(トルネ屋)」で購入済みか確認する。
  購入済みの場合はライセンス処理が出来ていない可能性があるため、
  PS4の「ライセンスを修復する」機能を実行してから確認する。

  torneでnasneやレコ×トルネ対応機器でカクカクで再生できない場合は、
  対処方法2と同様に再生に必要な転送速度が、データのビットレートより低く
  通信が間に合っていない可能性がある。
  無線LAN接続している場合は、有線接続で正常に再生できるか確認する。
  nasneの録画データの場合はDRモード(約16Mbps)、3倍モード(約7Mbps)程度で
  ライブチューナーもDRモードと同等のビットレートと考えられる。
  通信の安定性を考慮し、20Mbps程度の速度がないと正常に再生できない。

  ・「レコ × トルネ」機能対象機種一覧
  http://www.sony.jp/support/bd/torne/connect/

  nasneに接続できない場合は、PS4のブラウザでnasne HOMEに接続可能か確認し、
  メディアサーバー機能のクライアント管理でPS4が登録されているか確認する。
  それ以外にオンラインマニュアルやQ&Aを確認する。

  ・nasne HOME
  ※x.x.x.xはnasneのIPアドレス
  http://x.x.x.x:64210/nasne_home/index_pc.html
  ・PS4 torne オンラインマニュアル
  http://torne.scej-online.jp/ps4/top.html
  ・PS4 torne Q&A
  https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/13423/

■対処方法4
  PS4のブラウザが繋がらない場合は全てのサイトに対して繋がらないのか確認する。
  全サイトにアクセスできない場合は、PS Storeなどで外部に接続可能か確認する。
  特定サイトだけ接続できない場合は、そのサイトがFlashやJavaなどのプラグインを
  必要するサイトではないか確認する。
  PS4のブラウザは基本的なHTML5、CSS、JavaScriptしか動作しないため、
  複雑な処理を行っているサイトでは、正常に表示に表示できない可能性がある。
  PS4のブラウザは全てのサイト表示を保証するものではないので、利用に不具合が
  ある場合は、そのサイトの管理運営会社に問い合わせを行いPS4での改善要望を
  出し対応してもらうしかない。

  また、PCブラウザとは違い更新頻度が低いため脆弱性対応などが遅いため、
  IDやパスワード、個人情報、クレジットカード番号などを入力するサイトは
  PS4のブラウザでの利用は避けた方がよい。

  閲覧ブラウザの実装状況が確認できるサイト
  ・Qualys SSL Labs(SSL/TLS Test Your browserを選択)
  https://www.ssllabs.com/ 
  ・Browserscope(HTML5,CSS3,JavaScript)
  http://www.browserscope.org/
  ・HTML5TEST(HTML5)
  http://html5test.com/
  ・CSS5TEST(CSS3)
  http://css3test.com/
  ・findmebyIP(HTML5,CSS3,JavaScript)
  http://fmbip.com/

ネットワークに関する不具合は様々な原因が考えられるため、
慌てずに一つ一つ確実に確認して原因を絞り込むことが重要。
また、プロバイダやPSNの管轄外の途中の経路で障害や
DDoS攻撃などにより不通や速度低下が発生する場合もある事を
認識し情報掲載など無い場合ある事を解っておく必要がある。

ネットワークの問い合わせは、必ず管轄となる場所に行わないと
問い合わせ先のたらい回しで解決に時間がかかってしまうので注意。
・複数回線でPSNにサインイン出来ないやPS Storeが利用出来ないなどは
 SCEに電話やチャットで問い合わせを行う。
 ※固定回線スマホなどのモバイル回線で確認
・ゲームの場合は、PSN連携を除いてはゲーム側ネットワークとなるため、
 ゲームのサポートに電話で問い合わせを行う。
・ルータ設定などは製品サポートに電話で問い合わせを行う。
・上記以外のネットワークの問題は、一端プロバイダに電話で問い合わせを行う。

調査・改善が迅速にできるように問い合わせを行う際は、
設置状況がわかる写真や利用機器及び接続状態、具体的な症状を
メモなどを用意して明確に伝わるように心がける。

★★チェックポイント★★
 ・利用しているTVのメーカー及び型番
 ・PS4のシステムソフトウェアバージョン、有線LAN/無線LAN
 ・利用ネットワーク機器(ルータ・OUN・モデム .etc)の型番と接続構成
 ・利用回線事業者(NTTフレッツ光、KDDI auひかり、J:COM .etc)
 ・利用プロバイダ(OCN、nifty、So-net .etc)
 ・プロバイダ付与IPアドレスの部類 グローバル/ローカル
 ・事象発生時にPS4と接続している機器の詳細一覧
   ※各機器はメーカー名及び型番なども
  (HDMIケーブル・電源ケーブル・LANケーブル・DS4・HDMIセレクタetc)
 ・事象発生時の状況
  1、発生前にPS4を利用していた状況内容
    例:昨日の夜22時までは○○ゲームで利用できていた。
      数分まではPS Storeは利用できていた。
      最初から接続できなかった。
  2、発生後の確認状況内容
    例:回線事業者・プロバイダ・PSNに障害メンテナンス情報が無い事を
      1時間ほど確認したが掲載は無かった。
      PCからはPS Storeはログインと閲覧はできる。
      利用機器全てのソフトウェアは最新で再起動を実施した。

プロフィール

psychedac

Author:psychedac
記載内容はメモ書きで内容を保証するものではありません。
また、問題が発生しても一切責任を負いません。
行う場合は自己責任で実施して下さい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク